• クラウドPBX

スマホが内線になるだけじゃない、クラウドPBXで大きく変わる働き方とビジネスの可能性

  • クラウドPBX
  • 機能

クラウドPBXに移行すると実現できること

PBXとは内線通話や外線の取次ぎ、保留や転送などをコントロールする装置で、ビジネスホンとも呼ばれています。
従来型のPBXは、内線電話を束ねる主装置と呼ばれる機械が拠点に必要で、内線電話機1台ごとに電話線を張り巡らせる必要があります。
また、レイアウト変更や人事異動、入退社など、内線電話に関連する変更が発生するたびに電話線の工事や主装置の設定変更が必要です。

クラウドPBXは、その名の通り、主装置の機能がクラウドで提供してくれるサービスです。
ネット環境を通じて内線電話を利用できるので、主装置も電話線も不要になります。
また、内線電話に関する変更もパソコンからクラウドPBXにアクセスしていつでも瞬時に行うことができます。

クラウドPBXなら複数拠点間の内線電話を実現できる

クラウドPBXに移行すると、PBXの機能がクラウドからネットワークを経由して提供されます。
そのため、複数の拠点にPBXがある場合はクラウドPBXに集約することができます。
複数拠点のPBXをクラウドPBXに集約すると、運用のコストが下がるのはもちろんですが、それ以上におおきなメリットがあります。
それは、複数拠点間をまたいだ内線電話を実現できるという点です。
一般的なPBXの場合、電話を取り次いだり転送したりできるのは同じ拠点内だけですが、クラウドPBXなら複数の拠点で電話の取次ぎや保留転送が可能です。
具体的には、支社では対応しきれない顧客からの電話を本社の技術担当にそのまま転送することや、全営業所の外線電話を本社のスタッフが一括して受けるなど、いままではできなかった柔軟な電話対応が可能になります。

クラウドPBXなら出先でも内線電話を受信できる

クラウドPBXの大きな特徴は、スマートフォンでも利用できることです。
いままではオフィスの机の上でしか使えなかった内線電話がスマートフォンでそのまま利用でき、かならずしも専用の電話機を準備する必要はありません。
スマートフォンが内線電話に変身すると、オフィス内はもちろん、出先にもそのまま内線電話を持ち出すことができるのです。
営業所にかかってきた外出中の営業マンあての電話も、そのまま内線電話で取り次ぐことができます。
顧客は改めて携帯電話番号あてに電話をかけ直す必要がなく、そのまま出先の営業マンに転送されるので、スムーズかつスピーディーな電話取次で顧客満足度は大幅に向上することでしょう。

クラウドPBXならテレワークや在宅ワークにも対応できる

出勤者を減らすための取り組みとして、テレワークや在宅ワークを実施する企業が増えています。
従業員のほとんどがテレワークをしている場合でも、少人数の社員が電話番のためにやむを得ず出社するケースが多いようです。
クラウドPBXなら、事務所に出社しなくても、在宅ワークで顧客から事務所あてにかかってきた電話を受けることができます。
顧客からの電話を受けるためだけに出社する必要がなくなるため、社員全員が出社しない完全テレワークを実現できます。

まとめ

クラウドPBXは、いままでは実現できなかった、新たな可能性を秘めています。
従来のPBXを単純にクラウドに移行するだけでは、クラウドPBXの導入メリットを十分に受けられているとは言えません。
本社と支社など拠点をまたいだ内線電話や保留転送などはもちろん、テレワークや在宅ワークまでクラウドPBXすることで、使い慣れた電話で質の高いコミュニケーションを実現できます。
また、外回りの営業にそのまま電話を転送するなど、大幅な顧客サービス向上も実現することができます。
しかし、同じクラウドPBXと呼ばれるサービスでも、機能やできることには大きな差があるので、注意が必要です。
クラウドPBXの導入に失敗しないために、各社のサービスの情報を収集して、慎重に比較検討することが重要です。

この記事の編集者

編集者:Good×Media編集部

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • lineで送る